平成26年度東京都・杉並区合同総合防災訓練に参加(東京都支部)

 

東京都は毎年、島しょも含む都内23区並びに各市町村とでの一年交代での合同総合防災訓練を、
  9月1日の防災の日に近い土曜を中心に実施しております。
   昨年は東京国体開催の都合で11月23日(土・祭)に変更となり、あきる野市と合同で 都立あきる
  台公園で、一昨年は目黒区との合同で、都立駒沢オリンピック公園がメイン会場で9月1日
()
  実施されました。

     

  今年は杉並区との合同で、8月30日(土)杉並区の都立和田堀公園がメイン会場で、東京都支部も
   その一機関として訓練参加致しました。

    毎年開催地のクラブ局に協力をお願いしており、本年は『武蔵野クラブ』にお願いし、会長の
   JK1LQB内藤様他、会員のJH1XUP前田本部長も含め総勢9名の皆様にご協力を戴きました。

  当支部のブースは、展示・体験ブースの爲、松ノ木小学校グランドで、JARL局のJA1YRLを
   開局運用し、50MHz・144MHzそして430MHzの3バンドでのメリット交換非常無線
   通信訓練を実施致しました。来場者でアマチュア無線に興味のある方にはパンフレットの配布に加え
   て、アマチュア無線の醍醐味についての説明も行いました。

  本年の参加機関は、陸上・海上・航空の各自衛隊、海上保安庁、在日米、陸・海・空軍、そして海外
   からは、台北市、ソウル市、新北市の消防局、台湾赤十字他、国内の防災関係等の各団体総数91機関
   、参加者総数4,490名との報告でありました。

 さて一昨年まではJARLが巣鴨の時には、JARL中央局の JA1RLも同時に開局運用し、訓練
   会場の状況の逐次報告そして画像等の送受信訓練を実施致しましたが、JARLが大塚に移転してから
   ビルのセキュリテー等の関係で、JA1RLの開局運用は難しいとのことで本年もローカル局とのメリ
   ット交換訓練で終わってしまいました。

 最後になりますが、平成7年の阪神淡路大震災、そして3年前の東日本大震災の様な大震災が何時何処
  で発生するか分かりません。

  私達アマチュア無線家は、この様な大震災が万一発生した場合、地元地域の皆様に少しだけでもお手伝い
  出来る様、地域の防災関係各機関と常日頃の連携、並びにそれに対応する組織作りが必需ではないでし
  ょうか。