東京CWコンテスト規約

 

日  時  10月の第4週の日曜日 06:0012:00 (JST)

使用周波数 3.5/7/14/21/28/50/144/430MHzJARL主催コンテスト電信部門使用周波数帯 

※注 A2A電波による電信はAM/SSB, F2A電波による電信はFMの使用周波数帯となりますので本コンテストでは使用できません。

参加部門  (1) 都内の部

 (2) 都外の部

種  目  @ 3.5MHzバンド A 7MHzバンド B 14MHzバンド C 21MHzバンド

D 28MHzバンド E 50MHzバンド F 144MHzバンド G 430MHzバンド

H マルチバンド I SWL

※注SWLの種目はマルチ・シングルバンドの区別をしない。

参加資格   国内のアマチュア局(移動運用する局も含む)及びSWL。ただし、社団局及び特別局・特別記念局は除く。

交信方法  (1) 呼び出し 「CQ TK TEST

(2) コンテストナンバー @ 都内局=シグナルレポートRST+自局の運用地点を示す別記市区町村島ナバ-A 都外局=シグナルレポートRST+自局の運用地点を示す別記道府県ナンバー
(例) 相手局のRST599, 自局の運用場所が八王子市の場合のコンテストナンバーは599002。自局の運用場所が山梨県の場合は59917
都外局同士の交信も有効

禁止事項   (1) クロスバンドによる交信

 (2) 2波以上の電波(バンドの異なる場合も含む)の同時発射
(3)
コンテスト中の運用場所変更

得点及びマルチプライヤー  (1) アマチュア局::@ 得点= 完全な交信で相手局が「都内局」の場合は2「都外局」の場合は1  A マルチプライヤー= 各バンドで交信した異なる都内の市区町村島と道府県数

(2) SWL:@ 得点= 完全な交信をした「都内局」を受信した場合2, 「都外局」の場合1 A マルチプライヤー= 各バンドで受信した異なる都内の市区町村島と道府県数 

 1) 同一バンド内における重複交信は,得点やマルチにはならない。

2)  SWL, 1) の「交信」を「受信」と読みかえる。

  (1)マルチバンド=(各バンドで得た得点の和) × (各バンドで得たマルチプライヤーの和) 

(2)シングルバンド (当該バンドで得た得点) × (当該バンドで得たマルチプライヤーの和))

都内JARL登録クラブの得点及び順位  都内JARL登録クラブの構成員(個人局)から申告された総得点をクラブごとに計上し, 順位を決定し3位まで表彰する。 なお, サマリーシートのクラブ対抗欄の登録クラブ番号を正確に記入することとし,クラブ名などのみの場合は対象としない。

その他  前記以外のルールは原則としてJARLコンテスト規約に準ずる。

    各部門, 種目の書類提出局数に応じて賞状を贈る。(入賞者はJARL会員とする。)        

@都内局は各種目の3位まで 

A 都外局は各エリアの参加数に応じ,

() 10局以下の場合1位まで

 () 11局以上20局の場合2位まで

 () 21局以上の場合3位まで

 JN発表後に賞状を直接本人に郵送し, 各アワードも同様とする。

書類提出   (1) JARL制定のサマリーシート・ログ, またはこれと同一形式のものを使用し, 所定の事項を記入し提出する。

 (2) 参加局は, 全部門を通じて1つの種目のみにサマリーシート・ログを提出する。

(3) サマリーシートは正確に、「コンテスト名称」「参加部門」 「参加種目」

の別を記入する。

(4)   切 1115日必着

(5) 郵送提出先: 〒166-0012東京都杉並区和田1-44-8 可児長英 宛

(6) 電子ログ(E-mail)による場合は、ご利用の前にこちらを確認の上、次の提出先、形式、subjectにより

E-mailにてお送りください。

提出先 jarltokyo@gmail.com

形式  JARL形式に準ずる

(参考:http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/e-log.htm

subject エントリーするコールサイン (例:JA1***/1)

発     入賞者はJARL NEWS予定、全コンテスト結果はJARL東京都支部ホームページに掲載する。尚、コンテスト委員会の審査終了後、JARL NEWS発表前にJARL東京都支部ホームページhttp://www.jarl-tokyo.comに掲載発表することがある。

市区町村島 002 八王子市  003 立川市 004 武蔵野市  005 三鷹市   006 青梅市 

007 府中市 008 昭島市  009 調布市  010 町田市  011 小金井市 

012 小平市  013 日野市 014 東村山市  015 国分寺市  016 国立市 

019 福生市  020 狛江市  021 東大和市 022 清瀬市  023 東久留米市

024 武蔵村山市  025 多摩市  026 稲城市  028 羽村市  029 あきる野市

030 西東京市

        101 千代田区  102 中央区  103 港区  104 新宿区  105 文京区 

106 台東区  107 墨田区  108 江東区  109 品川区  110 目黒区

111 大田区  112 世田谷 113 渋谷区  114 中野区  115 杉並区

116 豊島区  117 北区   118 荒川区 119 板橋区  120 練馬区 

121 足立区  122 葛飾区  123 江戸川区 201 瑞穂町  202 日の出町

 203 桧原村  204 奥多摩町304 大島支庁  305 三宅支庁   306 八丈支庁

 307 小笠原支庁

○都道府県ナンバー 道府県ナンバーは、JARL制定道府県ナンバーを参照。

尚北海道は01とし、「その他」は除きます。

東京CWコンテスト「参加証」・東京CWコンテスト「アワード」申請要領

 (1) 参加証はQSLカードタイプとし、QSLカードの転送業務による発送とする。従ってコンテストに参加したJARL会員に発送することになる。

(2) 「アワード」 @ 6 Hours Worked Tokyo 全市賞」、「同全区賞」「同全郡・島賞」を、本コンテスト時間内に全市(002~030)、または全区(101~123)、あるいは全郡・島(201~2044マルチプライヤーと304~307のうちの1マルチプライヤー計5マルチプライヤー)と、それぞれ完全な交信が成立した局に発行する。シングルバンド、マルチバンドの制限はない。特記なし。

(3) 申請先はコンテスト関係書類提出先に同じ。

(4) 申請方法;サマリー・シート下部(意見欄)に「アワードを希望する旨」および、「全市賞」「全区賞」「全郡・島賞」アワードの種別を明記する。返信用切手と封筒は不要です。

2010年6月改正