東京UHFコンテスト規約

 

日    11月 23日(祝日)09:0015:00(JST)

参加資格  国内のアマチュア局(移動運用する局も含む)及びSWL。ただし, 社団局及び特別局・特別記念局は除く。

使用周波数 430MHz帯 ○(電信:430.050~430.090電話:AM/SSB430.250~430.700, FM432.100~434.000) 1200/2400/5600MHz/10GHz帯は総務省告示のアマチュアバンド使用区別による。

) A2A電波による電信はAM/SSB, F2A電波による電信はFMの使用周波数帯とする。

参加部門  (1)都内の部

(2)都外の部 

種  目 @マルチバンド A430MHzバンド B1200MHzバンド C2400MHzバンド 

D5600MHzバンド E10GHzバンドFSWL

1) 電波型式は自局に許された範囲とする。 

2) SWLの種目はマルチ・シングルバンドの区分をしない。 

3) 社団局との交信は無効。

交信方法  (1)呼び出し @ 電信「CQ TK TEST A 電話「CQトウキョウコンテスト」

(2)コンテストナンバーの交換 @ 都内局=シグナルレポートRS(T)+自局の運用地点を示す別記市区町村島ナンバー A 都外局= シグナルレポートRS(T)+自局の運用地点を示す別記道府県ナンバー 例) 相手局のRS(T)59(9)自局の運用場所が江戸川区の場合のコンテストナンバーは59(9)123。自局の運用場所が鹿児島県の場合は59(9)46

禁止事項  (1)クロスバンドによる交信 ○総務省告示のアマチュアバンド使用区別の逸脱

(2)2波以上の電波(バンドの異なる場合も含む)の同時発射 ○レピータ局での呼び出し, または交信(運用)

得点及びマルチプライヤー (1)アマチュア局: @ 得点= 完全な交信で相手局が「都内局」の場合は2, 「都外局」の場合は1点とする(都外局同士も有効)  A マルチ= 各バンドで交信した異なる都内の市区町村島数と道府県数  

(2)SWL @ 得点= 完全な交信をした「都内局」を受信した場合2点、「都外局」を受信した場合1点。 A マルチ= 各バンドで受信した異なる都内の市区町村島と道府県数

1) 同一バンド内における重複交信は,電波型式が異なっても得点やマルチにはならない。

2)  SWL, 1) の「交信」を「受信」と読みかえる。

総得点  (1)マルチバンド=(各バンドで得た得点の和) × (各バンドで得たマルチの和)

(2)シングルバンド=(当該バンドで得た得点) × (当該バンドで得たマルチ) 

都内JARL登録クラブの得点及び順位 都内JARL登録クラブの構成員(個人局)から申告された総得点をクラブごとに計上し、 順位を決定し3位まで表彰する。なお, サマリーシートのクラブ対抗欄の登録クラブ番号を正確に記入することとし、クラブ名などのみの場合は対象としない。

その他   前記以外のルールは原則としてJARLコンテスト規約に準ずる。

    各部門、種目の書類提出局数に応じて賞状を贈る。(入賞者はJARL会員とする。)

@ 都内局は各種目の3位まで

A 都外局は各エリアの参加数に応じ、() 10局以下の場合1位まで () 11局以上20局の場合2位まで () 21局以上の場合3位まで

JN発表後に賞状を直接本人に郵送し, 各アワードも同様とする。

書類提出 (1) JARL制定のサマリーシート・ログまたはこれと同等のものを使用し, 所定の事項を記入して提出する。  

(2) 参加局は, 全部門を通じて1つの種目のみにサマリーシート・ログを提出する。

(3) サマリーシートは正確に,「コンテスト名称」「参加部門」 「参加種目」の別を記入する。

(4)   切 12月15日必着

(5) 郵送提出先: 〒166-0012東京都杉並区和田1-44-8 可児長英 宛

(6) 電子ログ(E-mail)による場合は、ご利用の前にこちらを確認の上、次の提出先、形式、subjectにより

E-mailにてお送りください。

提出先 jarltokyo@gmail.com

形式  JARL形式に準ずる

(参考http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/e-log.htm

subject エントリーするコールサイン (例:JA1***/1)

発   前記【東京コンテスト】に準じます。

市区町村島ナンバー 東京コンテスト】を参照。

東京UHFコンテスト「参加証」・東京UHFコンテスト「アワード」申請要領

【東京コンテスト】申請要領と同様です。

 

2011年9月改正