3月28日(日)秋葉原の東京都中小企業振興公社第一会議室において平成21年度東京都支部大会が92名の参加を得て開催されました。
今年は例年にない会場一杯の支部会員の皆様の参加で盛況のうちに開催されました。
午後2時定刻にJA1EYL山田さんの司会により開始となりました。
JL1FDX伊藤アワード委員長の開会の言葉
JH1LWP島田支部長のあいさつでは、課題であった
 @春分の日の開催を避ける
 A支部主催コンテストの電子ログの受付
 B不法局監視のための監査指導委員会活性化
にそれぞれ関係者の協力を得て一定の成果を得てきたこと等の挨拶が有りました。
ご来賓の挨拶は原JARL会長から
太陽黒点の状況、JARL定款の改正、PLCの家庭電力計のデータ収集計画案、500KHzのアマチュア無線割当の要望等についてお話頂きました。





その他に次の方々のご臨席を賜りました。
          JARL高尾理事  根本関東地方本部長    大貫評議員
支部からの報告・説明事項として
島田支部長から「平成21年度事業報告」「平成22年度事業計画」を、続いて、JO1KSD佐藤会計幹事より「平成22年度支部予算」についての説明がありました。
第31回東京コンテスト結果報告及び表彰式では、JH1NSS可児コンテスト委員長から報告がありました。
他の支部主催のコンテストは以前と比べると参加者は減少している事、東京UHFコンテストより電子ログ受付開始などの状況報告ご表彰式に移りました。
島田支部長から入賞者へ表彰状が授与されました。
入賞各局おめでとうございました。







<ここで10分間の休憩>
15時10分再開


本日の特別講演は、1997年の第18次越冬隊員であったJE1OER目黒さんに「南極のおもしろさ」と題して講演をお願いしました。

昭和基地からのアマチュア無線の運用は、1957年JA1JG個人局に始まり、8J1RLは1966年以降運用されているそうです。
目黒氏は水彩画を現地で数多く描かれたそうで、左の写真は当時の8J1RLのシャックを描かれたものです。
その他に、業務用無線設備を含めたANT・無線機、夜空を覆うオーロラ、南十字星の輝き等当時の状況をご紹介頂きました。



16時15分

今回初めての「お楽しみ抽選会」は、JA1TFJ宿谷ホームページ委員長の進行により抽選者としてご来賓の皆様・講演者の目黒氏・司会者山田さんにより行われました。


協賛各社より34点のご提供を頂き、島田支部長提供の安定化電源が、ゲスト参加の千葉県支部長に当たる(受取はご遠慮されました)などハプニングも有り盛況の内に終了しました。
協賛各社様には御礼申し上げます。又当選された方おめでとうございました。

16時30分




閉会の辞は、JA1AVQ山名監査指導委員長により監査指導委員会の活動内容の話も含めて話されました。



最後に参加者全員の集合写真です。



クリックで拡大写真をご覧ください。


引き続き懇親会が開催され、19時全ての予定を終了しました。
又、来年も皆様のご参加をお待ちしています。73 GL

平成21年度JARL東京都支部大会開催される!