開会直前の会場です
定刻13時30分に、司会・進行はJG1DKJ澤田防災対策委員長により開始となりました。
JA1ISN西田監査指導委員長の開会の辞です
JH1LWP島田支部長の挨拶です
支部長を任されて9年になりました。
開局して49年でもありまが、最近読売新聞に連載されているJA1AN原元JARL会長の「時代の証言」を拝読
するとアマチュア無線の歴史を感じ感銘しているところです。
今回もメーカ・販売店・個人の皆様からお楽しみ抽選会の景品をご提供いただきました。
どうぞお楽しみに


JA7AIW山之内JARL会長のご挨拶です。
この日は埼玉県支部の大会と同日開催になり掛け持ちしていただきました。
特別講演の後のご挨拶となりましたがここに紹介させていただきます。

財政赤字解消に向けて会員増強キャンペーンを行っており、それなりの効果は出ているが自然減もありなかなかプラスにならない。皆様のご協力をお願いします。
JG1KTC高尾JARL副会長のご挨拶です。

JARL財政状況・会員増強・ハムフェア・モールス符号のユネスコ無形文化遺産化・電子QSLの検討などについてお話しされました。


(ハムフェアの自作コンテストに「電鍵」が規定部門に追 加されるそうです)
JH1XUP前田関東地方本部長のご挨拶です。

関東地方本部会員25,000局、東京都支部7,000局を超えた。
楽しく・ためになる・頼りになるを目標にしている。
JARD坂本専務理事のご挨拶です。
旧スプリアス機器の対応を主にお話しいただきました。
平成17年の関係省令等の改正により平成29年の免許更新までは旧スプリアス規格で更新可能であるがその後は新規格が適用される。(旧規格の無線機が使用できるのは平成34年11月30日まで)
新規格は旧規格スプリアスに近傍での不要電波の発射が含まれる事になります。
JARDではこの対応のため種々の無線機の新規格による不要電波の発射について無線機の提供を頂き測定を開始している。
機種による認定等今後関係当局と調整されていく。

又今年はJARD25周年でありハムフェアに合わせイベントを計画中である。
島田支部長、佐藤会計幹事による事業報告・事業計画及び収支決算報告・予算(案)の報告の後、可児コンテスト委員長から第37回東京コンテスト表彰式が行われました。
ここで伊藤アワード委員長から東京都支部賞に付いても説明がありました。


写真は都内の部個人入賞局の表彰です。
第37回東京コンテスト表彰式
登録クラブ対抗入賞クラブと全郡・島賞の表彰です。
今年の特別講演はJRAL副会長高尾様に「アウトドアでアマチュア無線を楽しもう」と題して氏の経験豊富な移動運用について講演をいただきました。
移動運用の楽しみ方・魅力・計画の立て方についてエアモービルの経験も含めて解りやすくお話しされました。
又日頃の移動運用は非常通信対応にも役立つ。
多くの皆さんがお持ちのハンディ機も非常通信には有効です。移動運用で使用して何時でも使える状況にして置くことも非常通信への対応として重要です。
時間も押し迫りいよいよお楽しみ抽選会です。
今年も多摩電気・富士無線電機・タカオ電子ショップ・ヨコタ無線センター・ハムショップフレンズ・パックスラジオ・アイコム(株)・八重洲無線(株)・第一電波工業(株)・JARD・JO1UBD丸山様・JF1IZM田中様から又島田支部長から提供いただきました。

ご来賓の皆様、景品ご提供戴いた皆様に抽選をして戴き、参加者全員に行き渡り2巡目でも景品をゲットされた方も数人出ました。
今年も大変盛況でお楽しみいただけたかと思います。
最後に参加者全員で記念写真です。
写真クリックで拡大されます。

平成27年度JARL東京都支部大会が開催されました

平成28年3月20日(日)13時30分より例年通り秋葉原の東京都中小企業振興公社3階会議室において「平成27年度JARL東京都支部大会」が開催されました。
  <毎年同じようなレポートですがその様子をお知らせいたします。>

靖国神社の桜の開花が秒読みの20日(東京の桜開花は21日に発表されました)に東京都支部大会が開催され、受付開始の12時30分を待たずに会員の皆様が続々と受付をされ一時は受付をお待たせする状態になりました。お時間をお掛けしました事ご容赦お願い致します。
今年はお彼岸の3連休の中日との影響か、昨年より若干少ない105名程のご参加を頂きました。
今年も、会場に八重洲無線さんとJARDの保証認定PRコーナーが設けられ開始まで、休憩時間を楽しまれたと思います。